ウーマン

ほくろの悩みは美容外科で解決│安全な美容外科を見つけるには

除去するための治療

整形

レーザーを使用する治療

皮膚科や美容外科ではほくろ除去をするために、様々な治療法を取り入れています。最近話題になっている治療法は、レーザーを使用してほくろを除去するレーザー治療です。この治療ではレーザーをほくろに照射して、ほくろの皮膚組織を削ることで除去することができます。レーザーで皮膚組織を削るので、メスを使用することはありませんので肌を傷つけたくないという人は、このレーザー治療で除去しましょう。治療中は痛みを感じてしまうということで、治療する前に照射する箇所に麻酔を塗って痛みを和らげます。そして治療が終了したら炎症を引き起こさないために、消毒をして除去した箇所に病院で使用するテープを貼ります。このテープは肌と同じ色をしているため、周りに気づかれることもありませんし、その上から化粧をすることができるので安心してください。病院によっては、アフターケアが充実している所があって定期的な検査をしています。検査をすることによって、ちゃんとほくろが除去できているか確認できますし、そこから炎症をしていないかチェックすることができるのです。

メスを使用する治療

他の治療ではメスを使用した切開法と切除法というものがあります。この治療では大きく盛り上がってしまったほくろを除去する時に行なうのです。レーザー治療では、このようなほくろを除去するのは難しく患者さんの負担が大きくなるかもしれません。ですが、切開法と切除法はほくろをキレイに削りとることができますから問題ありません。切開法ではほくろを切り開いて治療をしますが、患者さんが痛みを感じないように麻酔を使用するので、痛みを気にすることはありません。治療を行なった後は傷が目立ってしまいますが、そこまで大きな傷ではないですし、すぐに目立たなくなるので安心してください。切除法も切開法のようにメスを使用しますが、切除法では大きくなったほくろを根本から切除するためそこから再発することはないでしょう。治療が終わった後はレーザー治療で使用した専用のテープを貼って、傷痕を隠すことができるはずです。切除法と切開法の二つはどうしても傷ができてしまいますが、それをカバーするための取り組みを行なっていますから、周りに気づかれないように隠すことができます。メスを使用して切り取るので悪性のほくろだった場合は、そこから他の病気になることを防ぐことができるのです。

顔をキレイにするための治療

このような治療以外には光美白とピーリングという治療があります。この二つの治療では、ほくろだけでなく顔のシミとくすみの両方を改善することが可能です。光美白ではレーザーを照射することによって、ほくろとシミやくすみの三つを除去することができます。ピーリングでは、肌の表面にある不要な角質を剥がすことによって、ほくろの元のメラニンを薄くしていき少しずつほくろを除去していく治療です。この二つの治療は顔をキレイにしたいという人が行なう治療ですが、ほくろが薄くないと行なうことはできないので注意してください。このような治療法の中から自分に合った治療をするために、医師と相談して最適な治療を選ぶようにしましょう。